伝統を大切にする|薬指で輝く結婚指輪|二人の愛の証となるアイテム

薬指で輝く結婚指輪|二人の愛の証となるアイテム

指輪

伝統を大切にする

手

婚約指輪は昔から結婚を決めた男性が女性に永遠の愛を誓う証として贈る指輪の事を言います。海外では婚約指輪の事をエンゲージリングと言っていて、古代ローマの時代からの伝統でとても長く続いている風習と言われています。また日本では婚約指輪は明治時代に広まってきたと言われています。婚約指輪は結婚が決まってから結納や両家の顔合わせの時にお互いの両親にお披露目をすると良いと考えられているので、結婚を決めたらすぐに婚約指輪を選ぶ事を考えると良いと思います。婚約指輪は女性にとってこだわりもあり金額も高額でありますのでなかなか即決で決められる物ではなく、理想とする指輪に出会うまでに時間がかかってしまう事が多くあります。

婚約指輪は結婚指輪と重ねて付ける事も考えて、出来ればセットで購入するか試着で一緒に付けてみると指馴染みなどを確認できるので良いと思います。婚約指輪にはダイヤモンドの石を使用する事が多くあります。石をしっかりと留める立て爪のデザインなどは結婚指輪とセットで付ける際に指輪同士が当たってしまったりうまく重ならない事があります。指輪同士が上手に重ならないと傷をつけてしまう原因になってしまったり付け心地がが悪くなる原因にもなります。結婚後も長く使用する物なので、この様な細かい事も確認して大切にする必要があると考えます。婚約指輪と結婚指輪を同じブランドやシリーズで揃えるとこの様な心配もなくなりますので安心だと思います。